大分の娯楽施設で働くアルバイトの人たち

大分県民定番のおやつ

大分県といえば、とり天、かぼす、別府温泉と連想されることが多いと思いますがそのほかにも名物と呼ばれるものがあります。

それは度々テレビ放送でも紹介されている大分県民定番のお土産さびえる本舗のざびえるです。

こちらのお菓子はかつては長久堂が1962年より販売していたのですが2000年10月に会社が自己破産してしまい何年間か販売が停止されていました。

しかしお土産の需要や地元の方の御茶請けとして浸透していたため強い要望により元従業員が再度生産を開始したという逸話を持つお菓子です。

バターのきいたヨーロッパ風の皮で厳選された白あんを包んだ和洋折衷のお菓子で中に含まれる洋酒につけたラムレーズンがいいアクセントになっており、一回食べたらクセになるお菓子です。

こちらの商品は市内にある直販店でも購入できるのですが大分県民ご用達のデパートトキハデパートまたは大分空港の売店でも購入することができます。

なので大分県に行く機会がありましたら是非お立ち寄りすることをおすすめします。